現場ブログ

私が考える家づくり。

こんにちは。

工務の長谷川です。

最近私の周りでも家を考えている知り合いが増え、いろんな相談をうけるようになってきたのですが、その中で感じた事を今回はご紹介しようと思います。

共通して多いのは、SNS等で見つけた自分の好みの画像が何枚も保存がしてあり、その画像を見ながらお話しするというものです。

SNSにはたくさんの作例があり、とても便利なツールで私自信もよく見ています。

しかしSNSの情報の使い方によっては、本来の家を建てる目的とかけ離れてしまう事もあります。

というのは画像を見ながらお話しするなかで感じるのは、とにかくSNSの中にある自分好みのイメージを寄せ集めてみたという状態です。

定番料理例えで言うと、何作るか決めてないけど、とにかく美味しそうな食材を鍋に入れてみた。という状態です。

この調理法で、果たして美味しい料理は完成するのでしょうか?

やはり、料理は何を作るかを決めてから、そこに必要な食材をさがして入れて造ったほうが美味しい料理ができると思います。

良い家造りを始めていくいく上でのポイントは”どんな家にしたいか”です。

まず最初にどんな料理を作りたいか決めてみましょう。

具体的にどんな事を考えてみるかと言うと、”自身が理想とするこれからのライフスタル”のイメージを考えてみるのが良いと思います。

・窓からこの緑を見ながら美味しいごはんを家族で食べたい。

・それぞれの趣味があるから、没頭できる環境がほしい。

・共働きなので、家事時間を少なくしたい。

この大きなイメージをしたあとに、上記の目的を達成するために必要な間取りを考え、またSNSでの情報を利用していくと、きっと良いお家ができると思います。

この考え方で参考になるのは、マンダラートというフレームワークです。

マンダラートのというのが初耳の方は ”大谷翔平マンダラート” と検索してみてください。誰でもできる簡単な作業です。

見ていただいた方は、真ん中のマスに先程イメージしたライフスタイルを書き込んでみてください。あとはフレームワークの手順に沿って周りのマスを埋めていきましょう。

マンダラートを作成して、家造りに迷いが出た時は記入した内容を確認して、当初理想としたライフスタイルからもう一度振り返って考えてみましょう。

家族全員でマンダラートを考えてみるのも良いと思います。きっとそのマンダラートの紙は思い出の一つになると思います。

 

長文になってしまいましたが、最後まで読んで頂きありがとうございました。

ライフスタルにあった良い家造りをしていきましょう!!

 

インスタグラム

紬の家ホームページ