営業ブログ

空き家の活用法

みなさんこんにちは。

いきなりですが、親から不動産を相続したのは良いけれど、これからどうすれば良いのかと迷っていませんか?

人に貸した方がいいのか、売った方がいいのか。

そもそも貸せるのか?売れるのか?といった疑問がたくさんあると思います。

そこで今回は、簡単にですが相続で取得した空き家の活用法についてご紹介させていただきます。

 

近年では空き家が年々増加傾向にあり、空き家問題となっています。

https://www.stat.go.jp/index.html

上記の表をみてわかるように、空き家率が13.5%となっているため総住宅戸数の1割強が空き家となっているのが現状です。

なぜこれだけ空き家が増え続けているのか、最大の原因は時代とともに【核家族化】にシフトしたことが考えられます。

昔は、代々家を継ぐことが普通でしたが、現在は成人すれば子は親元を離れるのが普通になりました。

親が亡くなった時、すでに子供が自分の家を所有していることが多く、たとえ親から実家を相続してもそこに住むことは難しいでしょう。

しかし実家だった場所を取り壊すのをためらわれ、そのまま放置した結果空き家となってしまうのです。

では、建物を壊して土地だけ所有していれば良いのでは?と思われるかもしれませんが、そうすると税の優遇措置がなくなります。

固定資産税は、土地の上に建物が建っていれば最大で6分の1減額されますが、家を壊してしまえばこの減額措置を受けられません。

支払う税金が増えてしまうこともあり、家をそのままにしておく人が多いということです。

~空き家の活用法~

相続して空き家を持っていてもコストがかかる一方でもったいないと思います。

ここからは活用法について紹介していきます。

賃貸経営

家がそれほど老朽化しておらず、すぐにでも人が住める状態であれば、賃貸物件として収益を得る方法があります。

戸建てとして貸し出すのもあり、シェアハウスとして貸し出すのもありです。

どのような形の賃貸が良いかは、弊社アイギハウジングの方でも賃貸部門がござますので、その都度最適な提案いたします。

人が住んでくれることで建物の劣化を防ぐことにもなりますし、家賃収入によって不労所得が得られます。

賃貸併用住宅にする

建物を建て替えて、賃貸併用住宅に作り替えるのも一つの方法です。

自分で住みながら一部を人に貸し出すため、賃貸収入を建て替えのローンに充てることもできるでしょう。

また、居住部分を51%以上にすれば金融機関によっては、賃貸住宅用のアパートローンではなく住宅ローンが使えるので、金利も抑えられることもできます。

売却

賃貸の需要がなかったり、建て替えして住む考えがなければ、いっそのこと売却するのも一つの方法です。

売却におおまかに、

・現状のまま売却

・家をリフォームしてから売却

・更地にしてから売却

などといった方法があります。

家の状態や立地条件などから、最適な方法を選ぶことが大切です。

空き家の売却を考えられてる方は、弊社アイギハウジングでもご相談承りますので、気軽にご相談ください。

空き家バンクを利用する

今すぐに借りてくれる人、もしくは買ってくれる人を見つけたいなら、空き家バンクを利用する手もあります。

空き家バンクを簡単に説明しますと、空き家を探している人と、活用して欲しい人をマッチングするサービスで、主に自治体が運営しています。

自治体が主体となっていますので、活用したい空き家を改修する費用を補助してもらえる場合もあります。

古家ですと、売るにしても低価格になってしまい、不動産会社もあまり本腰を入れてくれないことがあります。

その点、空き家バンクなら、空き家を探している人に直接情報を見てもらえるので、条件の合う人が早く見つかる可能性も高いと言えます。


これまで空き家の活用法について紹介していきました。

空き家はそのままにしておくと税金もかかり、お金がかかるだけの存在ですが、人に貸したり、賃貸併用住宅にしたり、売却するなどの活用法によって収益を生み出す存在に変わります。

また、自治体も空き家の活用に力を入れており、地域の役に立つ活用法であれば補助金が出るケースもあります。

各自治体には空き家に関する相談窓口が設置されていますので、ぜひ一度相談してみてはいかがでしょうか。

最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。

 

LINE 友だち追加