現場ブログ

現場監督のしごと

工務の長谷川です。

今回は現場監督のお仕事を少しだけ紹介します。

ちなみにアイギハウジングでは 工務(部)=現場監督 です。

上の写真なんだと思いますか?

これは”施工図”といって、設計図面を更に詳しく描いて、大きさや高さを考えたり、職人さんや加工場に指示するための図面になります。

お客さまの要望を形にする注文住宅では、現場監督がこういった図面を書きながら設計図から立体的なものへと造りあげていきます。

こちらの階段は階段と金属製の手すり部分の施工図を作成しました。

金属は現場で加工出来ないため、現場で図面通り納まったときはホッとします。

 

こちらは特殊階段が乗る段部分を階段に合わせて施工図を作成しました。

階段は工場で作られて来るので、現場の段のサイズや高さが間違ってしまうと階段の作り直しとなってしまいます。こちらも図面通りしっかりと納めることが出来ました。

大変な作業ではありますが、自分が描いた図面通りに建物が出来るのはとても達成感があります。