現場ブログ

入母屋の屋根

今回紹介するのが今では珍しい入母屋の屋根です。

屋根の形状の中で最も格式が高いとされるのが入母屋造りです。

格式が高いということだけでなく、上部半分は切妻造りで、下部半分は寄棟造りから構成され、丈夫で複雑な構造が特徴の屋根です。

寺社などでは見かけることが多いのですが、一般的なお住まいでは珍しく、かなり少ないとされています。

他にもこだわっている部分がたくさんありますので、完成が楽しみです。