安心へのこだわり

JIOわが家の保険(住宅瑕疵(かし)保険)について

JIOわが家の保険とは、保険期間中に住宅事業者の瑕疵担保責任の対象となる瑕疵が発生した場合、事業者が補修等にかかった費用をJIOが事業者にお支払いするものです。
万が一事業者の倒産等により相当の期間を経過してもなお、補修等の瑕疵担保責任が実行されない場合は住宅取得者がJIOへ直接保険金の請求をすることができます。

■保険のしくみ

■消費者を守る2つの法律

消費者が安心して住宅を取得できるように、新築住宅を供給する住宅事業者に対し責任や義務を定めた2 つの法律があります。

1.住宅品質確保法

(住宅の品質確保の促進等に関する法律)

新築住宅を供給する住宅事業者は、住宅の中でも特に重要な部分である、構造耐力上主要な部分および雨水の浸入を防止する部分の瑕疵に対する10 年間の瑕疵担保責任を負っています。
※瑕疵担保責任とは 契約の目的物に瑕疵( 欠陥) があった場合に、これを修補したり、瑕疵によって生じた損害を賠償しなければならない責任のことをいいます。

2.住宅瑕疵担保履行法

(特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律)

住宅事業者が瑕疵担保責任を確実に履行するための資力確保措置(保険への加入または保証金の供託)の義務付け等を定めています。JIO わが家の保険はこの住宅瑕疵担保履行法に基づき、住宅事業者が加入する保険です。
※資力確保の方法 
①保険:法律に基づく住宅瑕疵担保責任保険の契約。
②供託: 規定の金額を法務局へ預けること。

■商品名称

1.住宅瑕疵担保責任保険(1号)

(住宅瑕疵担保履行法第19 条第1 号に規定される保険)
法律で定められた事業者への資力確保義務に対応した保険

2.一般瑕疵担保責任保険(2号)

(住宅瑕疵担保履行法第19 条第2 号に規定される保険)

資力確保の義務がなく任意でかける場合の保険

■保険の対象となる基本構造部分

修補費用等の保険金の支払い対象となるのは構造耐力上主要な部分と雨水の浸入を防止する部分です。
( 保険契約の引受けにあたって、JIO はこれらの部分の施工状況について現場検査を行います。)

■保険期間

保険期間は、原則として1 0 年ですが、共同住宅( 分譲)は引渡し日により多少増減します。

■保険金をお支払いできない主な場合(免責事由)

次に掲げる事由により生じた損害対しては保険金をお支払いしません。
・地震、台風、暴風雨等の自然現象(ただし瑕疵の原因がこれらによらないことが明らかな場合は保険金支払いの対象となります。)
・対象住宅の虫食いもしくはねずみ食い、対象住宅の性質による結露または瑕疵によらない対象住宅の自然劣化
・対象住宅の引渡し後の増築・改築・修補の工事、またはそれらの工事部分の瑕疵・対象住宅の著しい不適正使用(住宅設計・施工基準を上回る負荷により生じた損害または用途変更を含みます。)また著しく不適切な維持管理(定期的に必要とされる修繕を怠った場合を含みます。)
・JIOまたは事業者が不適当であることを指摘したにもかかわらず、住宅取得者等が採用させた設計・施工方法もしくは資材等の瑕疵。
なお、免責事由は上記以外にもございます。

■お支払いする保険金の内容

お支払いする主な保険金は次のとおりです。それぞれ事前にJIOの承認が必要です。

1.修補費用

事故を修補するために必要な材料費、労務費、その他の直接費用

2.仮住居費用・転居費用

対象住宅の居住者が瑕疵の修補のために住宅の一時的な移転を余儀なくされたことによって生じる仮住居費用および転居費用

3.損害調査費用

対象住宅の修補が必要な範囲、修補の方法、または修補の金額を確定するための調査に要する費用

4.求償権保全費用

事業者が求償権を保全するために必要な費用

■保険金の支払限度


※この保険契約には「故意・重過失特約条件」が付帯されています。これにより住宅事業者の故意・重過失による損害であっても、住宅事業者の倒産等の場合には住宅取得者からの直接請求により2,000万円を限度に支払われます。

次の費用については上記の限度額の内枠で、以下の記載金額を限度とします。

■直接請求の場合に住宅取得者様へ支払われる保険金のイメージ