お宅訪問インタビュー

さゆりマイク今月は恵那市のY様邸にお邪魔しました。 2011/03/02

お宅訪問インタビュー

長期優良住宅先導的モデル事業の超省エネ住宅『土塗壁高断熱の家』は古来からの伝統技術と最新の断熱テクノロジーの融合した住宅です。
古き良き日本の家を思わせるお宅は、レトロなインテリアでコーディネートされた落ち着けるお宅でした。

質問

家を建てるきっかけは?

お客様

古い家は築50年ほど経っていて、建て付けが悪くなって隙間風が入ったり床がきしむようになってきたので、そろそろ建替え時かなぁ・・・とここ何年か思っていました。

質問

当社を選んでいただいた理由は何ですか?

お客様

アイギハウジングさんでお願いしようと決めたのは、評判が良かったからです。この地域には昔からの工務店さんをはじめハウスメーカーさんなど建築会社はたくさんありますが、地元での評判が良いということが一番のポイントでした。
アイギさんが建てたお家や飲食店、建築中の現場など見せてもらっただけでなく、岩村の倉庫でアイギさんが管理されている良質な木材もたくさん見せてもらったので、どういう材料をどのように使っているのかが目に見えてわかりとても安心できました。

さゆり

ありがとうございます。そういった地元のお客様の声が一番うれしいです。
家が完成したあと隠れてしまう部材もお客様に納得してもらえるものを使っております。
自社倉庫にはたくさんの無垢材を保管してあります。無垢の板でテーブルなど家具も製作できますので、興味のある方はお客様だけのオリジナル家具をつくってみませんか?

質問

家を建てるにあたって、こだわられたところはありますか?

お客様

3、4年前から建替えを考えていたので自分の中でイメージは大体できていました。
完成した時に、いかにも“新築“というピカピカのお家より、もう10年くらい住んでいるっていう感じの雰囲気の家を造りたかったです。田舎に似合う家、風景や環境に溶け込むような家にするために、こだわりは細かい所より全体的なイメージを大切にしました。
木や自然素材をメインにした家は安らげるし、らんまや建具などかつての家の一部を取り入れても違和感がなくしっくりと合っています。
営業さんには自分の思い描くものを大まかに伝えてあとは細かいテイストを付け加えていくようにしていったので、特に悩むこともなく家は完成していった気がします。

さゆり

素敵なお宅になりましたね。
自然素材をメインにした家は本当に落ち着きます。こういう家は当社の得意とするところです。おまかせ下さい!!

質問

建設中のエピソードはありますか?

お客様

私は仕事の都合もあって、東京と恵那を行き来する生活だったので建築現場を常に見ていたわけではありませんが、職人さんがみんないい人で母も喜んでくれたのが印象的でした。営業さん、監督さんをはじめ毎日来てくれる大工さん、来る人来る人が気持ちよく思わず現場に顔を出したくなったそうです。近くで見えないから尚更、人とのつながりが信頼になると実感しました。
当初打合せしていた内部サッシの色がメーカーさんに無いことがわかって、その説明のためにわざわざ東京まで営業さん、監督さんが来てくれたこともありましたね。

さゆり

サッシの件、ご迷惑をおかけしました。もっと早い段階で確認しておくべきでした。
今回の仕様は特別なサッシに限られていた為、融通が利かなくて申し訳ありませんでした。

質問

家自慢は何ですか?

お客様

薪ストーブです!一番小さいタイプの薪ストーブですが、建具を開けておけば居間だけでなく家中どの部屋も同じように暖かくなるので部屋を移動しても温度の変化がなく快適です。高断熱住宅なので冬の寒い日でも汗がでるくらい暖かくなり、朝まで温度が保たれます。薪は7本くらいで十分なので超省エネ住宅ですよね~
薪ストーブは信州のロッジで見てから『薪ストーブのある家』に憧れていて、パチッパチッと燃える音は本物の炎じゃないと感じられない特別な感覚です。
都会でも今、薪ストーブが流行ってきていますが、建物の構造や周りの景観から薪ストーブの良さが生かせていないお宅が多いように思います。

さゆり

薪ストーブって本当に憧れですよねぇ。
炎を見ていると時間がゆっくり流れる気がして癒されるし、空気の暖かさもやさしいんですよね~

質問

お友達の評判はどうですか?

お客様

友達はまだ招待はしていませんが、写真を見せびらかしてます!
都会で生活する人達にとっては一戸建て自体が憧れであることも多く、別荘のようだと羨ましがられます。ずっとマンション暮らしをしている人には、こういう広い居間の感じは口で説明しても想像つかないかもしれませんね。
遊びに来た近所の方には玄関入ると木の香りがすると言われます。母のお友達には居間が広いとみんな驚かれるそうです。
基本的にこの家は客間がないので、お客様がみえても居間で寝てもらうんですよ(^^) 
廊下を作らず、居間を中心として各部屋があるという無駄のない間取りは、家族が自然に居間に集まるという日本の家庭の原点のように思います。

さゆり

私もそう思います。
それに、別荘のようだと言われるのもよくわかります。古民家宿のようでのんびり泊まっていきたい感覚になっちゃいます (^-^)

質問

家の中で最も気に入っているところはどこですか?

お客様

居間の建具です。アイギさんの住宅祭で見た美濃和紙照明がとても気に入って、玄関照明に一つ付けました。その照明に使われている和紙がとても繊細で美しく、照明だけではもったいないと思い、格子戸の鏡板部分に和紙を張ったオリジナル建具を製作してもらいました。やわらかなレース風の和紙がエレガントでおしゃれな雰囲気にしてくれます。和と洋のコラボというか、レースから透ける光が硬いイメージの建具を柔らかくしてくれるいいアイデアだったと思ってます。
また、以前の家にあった建具の一部をキッチンと玄関の間仕切り壁にはめ込んだ明り取りは、長年使い込んだ味があるのに、古くさい感じはなくデザインとしても素晴らしいと見るたびに思います。

さゆり

すっごく素敵ですね。お家にぴったり合っていて、より良く引き立てていますよ~
普段からご自分でリフォームなどされているそうですが、センスが光ってます☆

質問

建設中に大変だったことはありますか?

お客様

東京と恵那で離れていましたが、自分の希望を最初に把握してもらえていたのでそんなに頻繁に打合せが必要ということもなく、スムーズに進んでいきましたよ。
着工前に大まかなところを決めておいて、あとは工事の進捗状況に合わせて確認しながら詳細を決めていきました。メールのやりとりが主でしたが、決めなければならないことなどお互いに宿題を出し、次回打合せ時までに考えておいて決定するというスタイルは時間を有効に使えて、自分が近くにいなくても工事は無事進んでいくんだなぁと思いました。
設備・機器なども家に合せてイメージが固まっていたし、もともとインテリアや住宅設備など興味があったので、打合せする前に自分でいろいろと見てまわっていましたから、そんなに悩むこともありませんでした。

さゆり

距離的、時間的にご苦労されたこともたくさんあったかと思いますが、お客様のご協力のおかげで無事に工事を進めることができました。
ありがとうございました。

質問

建設中に何かご不満や不都合を感じられたところはありますか?

お客様

不満などは全くありません。
ただ、住んでみると居間の照明が少し気になります。話題のLEDスポットを取り入れたのですが、全体的な明るさが足りないような感じがしますね~
照明器具もある程度自分で探したのですが、ダイニングのレトロな赤い笠付き照明はお気に入りです!古民家風に和紙の照明器具を取り入れがちですが、あえてポイント的に赤を使いました。

さゆり

赤の笠付き照明とってもかわいらしいですね。主張し過ぎず、しっかりアクセントになっています!
居間の照明の明るさにつきましては、改善するように伝えますね。

質問

当社のサービスはいかがでしたか?

お客様

アイギさんからしていただいた大きな提案は『土塗壁高断熱の家』です。
※長期優良住宅先導的モデル事業の超省エネ住宅なので、冬でも本当に暖かくてとても過ごしやすいです。日中は日当たりも良いので明るくて、窓から見える景色ものどかで最高です!
夏は縁側で過ごすのが楽しみです。この広い縁側は、布団を広げたまま干せるし重宝しています。

さゆり

※『長期優良住宅先導的モデル事業の超省エネ住宅』・・・
東濃地域で一般的に用いられていた土塗り壁の調湿性能と熱容量を利用し最新の高断熱技術を取り入れました。それにより年間の冷暖房費を大幅に削減することができる為、光熱費をあまり使わない超省エネ住宅です。

質問

当社へのアドバイスをお願いします。

お客様

アイギさんにはこれからも新しいことにどんどんチャレンジしていって欲しいです。補助金の支給など書類や手続きなどとても大変だとお聞きしましたが、この『土塗壁高断熱の家』も昔からの伝統的な工法と現在の新しい技術を組み合わせたこの地域の気候風土に合った理に適う住宅だと思います。
形式にこだわらず良い家を追求していってください。見栄を張らないシンプルで質のいい家というものが、長く支障なく使うために大事なことだと私は思います。本当にいい物というのは長く使うとわかるし、大切に使おうとする気持ちが強くなると思います。
本物の木を使った昔の家は地味かもしれませんが、廊下などちゃんと手入れすればいつまでもピカピカな状態を保てるし5年後10年後と風合いが変わり飽きもこないですよね。だからこの家にも前の家の一部を新しい形で利用しました。
家具もこの家に似合うように既製品の物は買わず、父が作った家具と小屋に保管してあった無垢材で製作してもらいました。新しい家にずっと前から使っていた家具を置いても浮かないのは木の家だからこそだと思います。

さゆり

新建材を多く使ったお値打ちな住宅は家が完成した時が100%の状態で、あとは古くなっていくだけですが、木は建材となっても呼吸し生きていますから木の家は何年経っても大切に使えば使うほど年月を重ねた良さが生まれます。
新建材の普及とともにシックハウス症候群の問題が出てきて、ここ最近は『木の家』が大変注目され見直されてきています。健康に良く安心して生活できる住まいが何かを今一度考えたいものですね。

質問

最後に一言お願いします。

お客様

東京に出て30年経ちますが、仕事が一段落するのを機に恵那と東京の生活それぞれを楽しみたいと思っています。まだまだ模索中ですが、趣味などやりたいことはたくさんあります。この家を通して自分の世界も広がればいいなとワクワクしています。
これからの日々の生活を考えるにあたり、“安全で安心感のある家”というのが恵那で過ごす為に大切な要素でした。アイギさんには希望通りの家をつくってもらって本当に感謝しています。
ありがとうございました。

さゆり

当社の担当者はじめ、会社としてたくさん勉強させていただくことができました。
これからもお客様に喜んでいただける住まいをお届けしていきたいと思います。
良いお話をたくさんいただきありがとうございました。

段差が少なく、日本の家のおもてなしの心が感じられる玄関。
段差が少なく、日本の家のおもてなしの心が感じられる玄関。
立派な梁!やっぱり本物っていいですね
立派な梁!やっぱり本物っていいですね
広~い居間です♪私もここで家族団らんの仲間入りした~い
広~い居間です♪私もここで家族団らんの仲間入りした~い
スッキリとしたキッチン。明るくて清潔感もありますね
スッキリとしたキッチン。明るくて清潔感もありますね
薪ストーブ!憧れちゃいます。居間の建具には美濃和紙が張られました
薪ストーブ!憧れちゃいます。居間の建具には美濃和紙が張られました
和室には板間スペースがあるので家具も安心して置けちゃいます(^-^)
和室には板間スペースがあるので家具も安心して置けちゃいます(^-^)
シンプルで落ち着いた洋室
シンプルで落ち着いた洋室
鮮やかなクロスが印象的なオシャレなトイレ
鮮やかなクロスが印象的なオシャレなトイレ
十分な広さの土間には収納棚もあって大活躍です
十分な広さの土間には収納棚もあって大活躍です
日差しでポカポカの濡れ縁。
日差しでポカポカの濡れ縁。

さゆりライン
2018のさゆりレポート
2017のさゆりレポート
2016のさゆりレポート
2015のさゆりレポート
2014のさゆりレポート
2013のさゆりレポート
2012のさゆりレポート
2011のさゆりレポート
2010のさゆりレポート
2009のさゆりレポート
2008のさゆりレポート
2007のさゆりレポート
2006のさゆりレポート
すべてのさゆりレポート
さゆりライン
レポーターさゆりお宅訪問インタビュー 資料請求・お問い合わせ 天然素材の家実績ギャラリー 開催予定のイベント情報 リフォーム情報

家をつくる レポーターさゆりお宅訪問インタビュー 定期点検サービスのご案内 安心の保証・アフターサービス 住まいづくりの流れ 住宅ローンについて よくある質問 リフォームする アイギハウジングのリフォーム 不動産を探す 不動産探しま専科サイトへ ホームメイトで中古住宅・アパートを探す アイギハウジングについて 会社情報 スタッフ紹介 イベント情報 営業ブログ 現場ブログ
資料請求・お問い合わせ