お宅訪問インタビュー

さゆりマイク中津川市 T様邸 2018/12/03

お宅訪問インタビュー

土岐から中津川へ引っ越して新居を建てられたT様。子育て世代のヒントがいっぱいのお家づくりについて教えていただきました。

質問

家づくりはいつ頃からどのようなキッカケではじめましたか?

旦那様

仕事は中津川なんですけど、今まで土岐の賃貸で。もう子どもも生まれましたし、土岐で家賃を払ってるっていうのも勿体ないのでこっちで家を建てようと。

さゆり

毎日土岐から通ってたら1時間くらいかかりますし、大変ですよね。

奥様

朝も早いし、夜も遅いし。中津川に来たら子どもを見れる時間も増えると思って。なるべく生後1歳過ぎたぐらいにこっち来たいねって。健診こっちで受けれるぐらいがいいねって話してて、この子が生後3ヶ月の時から家について動き始めてました。

旦那様

11月に土地を見に行って12月、2回目を見た時にここを押さえちゃって。

奥様

会社にも5分だし、実家も5分位だし、丁度2年後に大きなこども園が新設されるしでちょうどいいタイミングかなと思って。

さゆり

いいですね~~!すごいタイミング。

質問

家を建てる前はどんな家が建てたいと思っていましたか?

奥様

家事がしやすい家、動きやすい家がいいなって。あと、やっぱり子どもが1歳から住むし、これからももしかしたら兄弟も増えるかもしれないので、オシャレな家はいくらでもあるんですけどそれよりも、子どもの安全を考えて、例えばベビーゲートが上も下も付けられる階段の形だったりとか、あとは家事をしながら横で遊ぶ子どもが見えるようにあえて玄関のとこに和室を作らずに、キッチンの真横に和室を持ってきたりとか、とにかく子どもコンセプトの家で。子ども目線にしながらも、私が作業がしにくくならないように階段を中心に全部一周できる家になってます。

さゆり

回れる動線ですね!

奥様

靴脱いで、家事室で上着脱いで、鞄を置いて、洗面所で手を洗って、リビングに入ってこれる。思春期になっても毎日顔を合わせられるようにリビング階段を作って、子ども部屋もすごく狭いので、勉強机を作らずに、ここの小上がりに勉強机をもってきたり。ここはキッズスペースでもあり、座りきれない時にちょっとした腰掛スペースにもなるし、パソコンかまいたい時とかはここ座ってかまえばいいし、子どもも3人ぐらいなら遊べるし。

さゆり

いいですね~。かなり多目的に使えますね。

奥様

こだわりましたね。あとは地窓を入れたくて。子どもが秘密基地として使えるようにあえて下を高くしたり、イベントの時は五月人形やひな人形を置けたらなと思って。

さゆり

そのためのこのスペースなんですね。

奥様

あえて床の間とか仏間は作らなかったんですけど、板の間だけ作ってちょっとしたものを飾れたり、子どもがお昼寝したり。雨の日でもお外が見れたり。とにかくこの子の秘密基地的な感じで。

さゆり

ちょうどさっきあそこで、外を見てましたね。

奥様

毎日日課で。お外を通る車「ぶーぶー」って見てます。今なら立っても頭ぶつからないので。(笑)

さゆり

子どもさんも嬉しいですね!

奥様

のびのびと暮らしてほしかったので、制限するような間取りにはしたくなくて。これもアイランドキッチンなんですけど、ああやって一人で走り回ってるんで、真ん中にしてよかったなって思いますし。

さゆり

すごーい!

質問

家づくりをはじめる前に、不安だったことはありますか?

奥様

お金が一番苦しい時にあえて建てようとしたんですね。子どもが出来て私も仕事を辞めたので、収入は主人頼り。ハウスメーカーの家族向け物件で高い家賃。勿体ないし、金額が同等ならはやく切り替えた方がローンだって定年前に返せるし。

旦那様

勿体ないよね。

奥様

本当にそこを思って。増税前だし。

さゆり

ちょうどタイミング的にも。

奥様

そうですね。子どもも1歳になるしっていうことを考えると、やっぱりはやいうちから中津川に来たほうがこっちで友達もできて、こっちで小学校の子たちとか、同じメンバーで通えるかなっていうのを考えた時にやっぱり今しかタイミングはないなって思って。決断は早かったです。土地2回目で決めちゃったり。

旦那様

坂本で探しても今はないんですよね。

奥様

すぐそこに別の不動産屋さんの建売が建ってて見に行ったんですけど、私が中身を気に入らなくてそこは嫌になっちゃって。この土地は建築条件付きだけどちょっと見に行ってみようかってことで見に行ったその日にもう押さえますって言って。1回目は別の不動産屋さんで2回目がアイギさんなんです。

さゆり

じゃあ一回見て決められたというわけなんですね。

奥様

アイギさんで建てよう!って決めてたわけじゃなくて、ここの土地目的で、条件付きでそのままの流れでアイギさんっていう風だったんです。でもお金が苦しい時に相談にのってくださって、「頭金なしで建てたい」っていう風に相談をしたら、諸費用もローンに組み込んでもらったりして。

旦那様

頭金はほとんど払ってないよね。

奥様

土地を押さえた10万円だけで。

さゆり

そうなんですね。

奥様

銀行の諸費用もだし、印紙代もだし、登記費用とかも全部ローンに組み込んでもらったので、資金相談では本当に提案してくれて。「これもこうしたほうがいいね~っ」ていう風に教えてくれて。

さゆり

結構諸費用って掛かりますもんね。

質問

アイギハウジングのスタッフの対応はいかがでしたか?

奥様

新人営業さんの初めての1軒目を担当してもらいました。新人さんが1個下なんですけど。「年も近いし話も合うと思うので1軒目ですけど勉強の為にお願いします!」てベテランの営業さんに言われてって感じで手さぐり手さぐりで一緒にお互いやってきました。

さゆり

ドキドキですね。

奥様

慣れない中でも一生懸命さがすごく伝わってましたね。写真付きで「こういうのがいいです」ってLINEで送って、新人さんも仕事終わってるだろうけど夜10時とか11時頃までお互いLINEをしたりとか。

旦那様

家に来てくれたりとかね。

奥様

仕事帰りに土岐までパンフレットを届けてくれたりとか、「こういうのどうですか?」って写真やチラシを持って来てくれたりとか。すごくありがたかったですね。

さゆり

なるほど~。

奥様

でも初めてってこともあって段取りがちょっと悪いところが何回かあってそれは私たちがもうガーっと言った時もありましたね。書類が必要な2日前ぐらいに「これを市役所に取ってきてください」っていうのは、専業主婦だったんで対応できたんですけど、仕事されてる方だったら無理だと思うし。てんやわんやしました。

さゆり

奥様がしっかりされている方だから、新人さんも沢山助けて貰ったんですね。

質問

お家を建てるにあたって、こだわったところはどこですか?

奥様

子ども優先と家事しやすい間取りっていうのがコンセプトなんですけど、内装とかは各々の好みを出そうということで、アイギさんは木をふんだんに使っているという事だったから、梁とか化粧梁を出したり、和室は「ガチな和室が良い!」って言って、畳はちょっと北欧系なんですけど、この家全部建具の色が白なんですけど、和室の収納と押入れは茶色にしてもらったのと、丸い取っ手?あれは絶対にってこだわって。天井も工夫して。照明もとにかく可愛いのがいいねって言って探して。ファニチャードームで買ったんですけど。すごくいい感じに収まって良かったなと思って。

さゆり

いいですね。ピッタリ。

奥様

ここだけ異空間みたいな。

さゆり

そうですね。何か参考にされたものがあったんですか?

旦那様

ひたすらインスタで調べてました。

奥様

インスタでよそ様のお家の写真を見たりネットでインテリア特集を見たり、小上がり和室ってひたすら検索したりとか。回遊動線とか家事しやすい間取りとか。リビングイン階段とか。ロールスクリーンとかもとにかく毎日毎日私が検索して、「これ入れたいこれを入れたいこれを入れたい」って全部メモで書き出して、それを打合せの度に全て伝える。それを踏まえた間取りを考えてもらって間取り4回目でゴーサインを出して。

さゆり

そうやって勉強されてお伝えすれば。

奥様

そうですね。私が何回もやりたい事を言っていたので、「逆にスタスタ進むのですごくやりやすいです」と営業さんに言われて。「奥様勉強熱心ですね」って。これやりたい、これがないといけないとかを、打合せの前に全部持って行ってたので、早かったですね。

さゆり

段取りいいですね!

旦那様

はやかったね。

奥様

家探しを始めて1年以内に家が建ちました。普通と比べたら大分早いと思います。

さゆり

ご主人はいかがですか?

旦那様

僕はどうしても梁が出したかった。調べてる中で「カッコいいな」って。

さゆり

その分天井も高くなりますしね。開放的になりますし。

奥様

リクシル公式HPで調べまくったりして。営業さんに「リクシルで働けそうですね」って言われました。「奥さんインテリア好きなんですか?インテリアショップで働けますよ」って。(笑)

さゆり

そう思います!

奥様

本当は上まで吹き抜けた階段たったり、アイアンの手摺っでカッコいいしオシャレですけど、やっぱり中津川だし暖房が逃げないようにロールスクリーンを付けて、ここもあそこも。帰ってきた人がすぐ暖かいようにと思って。今だけの事じゃなくて、長い目でみて。兄弟が生まれるだろうなとか。ロールスクリーンは、暖房の効果もあるんですけど、お客様が泊まりに来た時に目線が気になったりとか、小さい子たちが集まった時にここが、2階まで行かなくても授乳室になったりとか。いろいろ兼ねてありますね。

旦那様

普通は工務店さんがそういうのは考えて、提案をするよねって。

奥様

ウッドデッキとかもそのままだと落ちると危ないから1段だけ階段を付けようかとか。そうすれば子どもとかお年寄りは降りれるとか。

さゆり

なるほど~。

奥様

扉は作ると高かったので、とにかくなくせる扉はなくして。シューズクロークの扉も無くしたし、和室の扉も無くしたし、2階のウォークインクローゼットの扉も無くしたしで。ちょっと予算が合わなかったので、玄関もポーチも狭くしたし。ベランダなしにして、庭に干せるしみたいな。

さゆり

敷地が広いですもんね。

奥様

それで200万円位変わったかな。なくせるものなくそう!

さゆり

素晴らしい!

奥様

でもこれは絶対欲しい!っていうのだけは譲らなくて。家事室だったりとか。

さゆり

プランナーにもなれますね!

奥様

こだわりは本当に強いので。納得したところに住みたいっていうのが私が強くって。建売じゃ閉じ込められるみたいな気がして。

さゆり

注文住宅なので注文しないと。

奥様

叶えていただかないとちょっと勿体ないですよね。せっかく聞いて貰えるんだったら。

質問

家づくりをする上で難しかったことはありますか?

奥様

左利きなのでコンロを左にってお願いしてたんですけど、間取の関係でコンロが右にきちゃうって言われて「えっ」って。アパートも左側だったんで左の角で調理する方が落ち着いてたんですね。左コンロを叶えるためにはアイランドにするしかないって。でも私的にまわれる動線は便利なのでアイランドにして良かったなって。

さゆり

なるほど!

奥様

後は南向きに和室とかリビング持ってきちゃうと水まわりがどうしても北側になっちゃうとか。それぐらいですね。ほとんど思い通りかな。

旦那様

家に関してはほぼ。

奥様

本当にやりたい間取りを全部叶えて貰えたし。

さゆり

逆にこうしておけばよかったな~ということはありますか?

奥様

窓の大きさをちょっと大きくすれば良かったなとか。

旦那様

コンセントの位置がこっちだと、反対でさすと歩くときにコードを足にひっかけちゃうから角の方が良かったかなとか本当にそれぐらい。使ってみないとわかんないんで。

奥様

私が陶器集めが趣味で年に3回陶器まつりに行くんですよ。なのでとにかく食器がたくさん収納できるのがいいなって思ってて、最初は3段で引き出しユニットとかだったんですけど、4段2つが良いって言って。
だけどアパートで元々使ってるオーブンがとにかく大きくて。
窓を隠したくなかったので、オーブンの高さも全部測って、なおかつ窓も隠れない高さが良いって言って、FIX窓も欲しい、明るさも欲しい。

さゆり

どうしても暗くなっちゃいますもんね。

奥様

全部測った状態で、FIX窓をつけて。オーブンかぶってないですよね。

さゆり

はい!丁度!素晴らしいですね。

奥様

何センチの冷蔵庫を入れたいとかも。本当は右奥に勝手口を作る予定だったんですけど、勝手口だけで30万円位するし勿体ないなって勝手口を外して、そのかわり窓だけ付けたんですけど、カウンターを付けて、その下にゴミ箱を収納できるようにとか。

さゆり

すごい!

奥様

こっちから西日が差しますよね。なのですりガラスでも後ろの窓とゴミ箱上の窓は変えたんですよ。オプションで高くして。夕方になって日が入る時にふわーってやさしい光が差し込むんです。

さゆり

工務店の方?!(笑)

奥様

本当にこだわってこだわって。センチ単位で測ってもらって。

さゆり

すごい!すごいですね!土地の事、太陽の動きとかも全部計算されてて。

奥様

パントリーはどうしても作れなかったんでその代わりにカップボードとゴミ箱の隙間にちっちゃいパントリーを作ってもらったり。それぞれに必ず収納はあるようにはなってますね。和室にも収納あるし、あそこにランドセルを仕舞ってここに教科書入れる。今は絵本で本棚になってるんですけどここにも収納があって、あそこにもランドセルを入れて、今はおもちゃ収納で。
ここは布団とか来客用で。階段の中に階段下収納があるんですよ。
一番背の高い所はリビング収納。一番上がWi-Fiとかのルーター。あとが収納。で裏側に段々で低くなっていくのがあるんですけど、それを家事室側に持って来て全部あえて扉なしでくりぬいちゃって。合うタンスを全部入れて。

旦那様

なのでタンスも斜めに。

奥様

ここお客さん玄関なんですけど、シューズクロークの方が家族玄関なんで、家族玄関で靴を脱ぐ、ハンガーを3本付けてそこに上着を掛ける。汚れていたら引き出しからパジャマと新しい靴下とタオルを出してそのままお風呂に入る。

さゆり

なるほどー。

奥様

アパートは1階で生活していたんで階段生活が想像できなかったんですよ。なので2階まで服を取りに行くのも絶対面倒くさい!2階に絶対鞄も置きに行かないだろうなっていう風で家事室は洗濯を干す部屋でもあるんですけど、コートクロークも兼ねてるし、階段下収納に衣料ボックスも全部入れてファミリークローゼット替わりっていう風で。兼ねて兼ねて兼ねて。

さゆり

機能的ですね。

奥様

ハンガーパイプが3本と天井にホスクリーンが付いてるんでお客さんがいても洗濯物があらわになることはないし、庭もこれだけあって外にももちろん洗濯物干せるんですけど、天候に左右されないし、今は家事室に干して除湿器を掛けておけばカラっと乾くので。作って本当に良かったのは家事室かなって思いますね。

さゆり

素晴らしいですね!

奥様

3畳の私の城(笑)私の部屋。

さゆり

完璧な!

奥様

完璧ですよ!

質問

家づくりをしていく中で苦労した事ありますか?

奥様

クロス選びで、欲しい品番を全部サンプルで取り寄せてもらったんですけど、子どもが絵本みたいに思っちゃって見てるとすっごい邪魔されるんですよ。なのでこの子が寝た時に夜やったりとか、もう目が、目が。でもインスタで「私の家はこの品番で使ってみました」とか「光が入って日陰だとこういう見え方だし、日向だとこういう見え方をしますよ」っていうふうに全部載ってるので。私いいなぁって思う色は誰かしらが「これはどこのメーカーのなんとう品番ですか」って説明されててそこに「これはこういうふうですよ」って品番が書かれてるのを盗み見たりして。

さゆり

なるほど~。

奥様

これいいなとか。このシリーズ可愛いなとか。新しく取り寄せてもらったりもして。これが使いたい!この柄が使いたい!って。玄関のアクセントとか。

旦那様

却下されるし迷ったね。

奥様

やっぱりベースの所は標準内じゃないと範囲が広いので高いじゃないですか。なので沢山使う所だけは標準内にしたんですけど。それ以外のこだわりたいところはアクセントを。例えば和室だって細かい和紙っぽい壁紙なんですよね。和調の。そこも雰囲気作りで大事かなって。

旦那様

天井だけは高いよね。

奥様

天井は高い。サンゲツの標準で選ばすにリリカラで選びました。木目が全然ちがうんですよ。あとは家事室は私がいつもいる部屋だから選んじゃった。

さゆり

そうですよね。

奥様

トイレ入った時も可愛いのがいいなと思って花柄にしたりとか。コンセプトがずれないようにあえてシューズクロークの壁紙も寝室の壁紙も色違いにしたりとか。1階も2階もトイレ色違いなんです、同じ柄で。電球は一緒にしたりして。入った時に「ん?1階はこっちなのに2階はこういう風」って系統がバラバラなのは嫌だったんで。統一感を持たせるために。建具もみなさんここの部屋は何色とか変えられるのが楽しいと思うんですけど、全部一緒にして。新色なんですよ。これ。

さゆり

そうなんですか!

奥様

打合せの途中で出たばっかりの色なんですけど。真っ白じゃなくてちょっと木目が入ってるんです。そんな風に楽しみました。

質問

工事中の現場はいかがでしたか?

奥様

着工し始めた時に状況が知りたいって言ったら新人さんが毎日ここ来てくれて「今日はコンクリートが入ってました」「今日はここができましたよ」って数日ごとにLINEで写真を送ってくれて「あぁもうこんなに進んだんだ」とか「形になってる!」とか。

さゆり

見に来なくても分かる!

奥様

土岐から中津までは大変だったんで。週末ぐらいは一緒に見に来たりはしたんですけど、送って貰えて本当にありがたかったなって思います。気になることも写真見て言えましたし。「これは何ですか?」とか。「コンクリートは何日で固まりますか?」とか。定期的な連絡も入れてくれましたし、そういった写真も頂けましたし不安に思う事はなかったかな。ないよね?

旦那様

ないね。

さゆり

良かったです。

質問

ご予算通りに収まりましたか?

旦那様

ちょっとオーバー。

奥様

外壁を変えちゃったんですよ。最初は真四角のレンガ調だったんですけど本命じゃなかったんです。レンガ調がいいけどこっちは高いからって我慢して丸っぽいレンガじゃなくて真四角のレンガにしてたんです。
だけど帰ってくるたびに落ち込みたくないなって。
結局みなさん家を建てられた方に聞いても結婚式を挙げた方に聞いても、「その時しかできない。1回建てて2回目3回目ができるわけじゃないからお金は苦しいかもしれないけど、今無職になって生きていけないわけじゃないし、これから稼げばいいし、やりたいことだけは、絶対譲れないとこは譲らない」と言われて最後の最後で。もう発注の何日か前でしたね。

旦那様

それでいっきに。

奥様

35万円ぐらい上がったんですけど、それでも最初の予算からは減らして、例えば扉をなくすとか、小さくできる窓は小さくするとか、勝手口をなくすとか、電球も頼むところ以外は自分たちで施主支給するっていう風に決めたりでだいぶ。もう予算がって言われていたんですけれど、これをするために他を調節というのでやってもらって。結局予算ははみ出しちゃったけど、外壁は変えれました。

旦那様

審査も通ったし。

奥様

良かったです。逆に外壁変えた方が機能がいいので。最初のより長持ち。

さゆり

メンテナンスのほうで掛かるお金が減って、お気に入りになって……いいですね。

奥様

コンロ、私魚大好きなんですけどアパートだと匂いも気になるし、魚料理をフライパンでしかしてなかったんですよ。”焼き魚が食べられない”っていうのがすごいストレスで、絶対新居は網じゃないグリルがいいって言って。
あとアパートも三口コンロだったんで、最初は二口で一つはラジエントヒーターだったんですけど、離乳食作ったりとかしてた時不便で、グリルもかえると必然的に三口になったので、13万円ぐらい上がったんですけど、魚焼きグリル。

旦那様

コンロで13万。

奥様

でも譲れなくない?って言って。

さゆり

そうですよね!せっかくなんで。

奥様

魚!魚食べたい。

さゆり

大好きな魚を美味しく食べたいですね。

奥様

あとはアパートの時、車に居る段階で家の鍵を用意しておいて、子どもを抱っこして荷物持ってがっちゃんがっちゃんってやるのがすごいストレスだったんで、新居はの玄関は絶対タッチキーがいいって。車のカギみたいに持ってたらピーって行けるんで。7万円したけどそれは本当に付けて良かった。

さゆり

そうですよね~。便利になりましたね。

奥様

子育て世代にオススメ。子ども抱っこしない方でも両手に沢山荷物持っててひじにかけながらガチャガチャはしんどいと思うので。

さゆり

そうですね。

奥様

子育て世代だけじゃなくみんな便利かな。

質問

住み心地はいかがですか?

旦那様

やっと生活が成り立った。

奥様

10月の終わりに引き渡しで明日で住んで1ヶ月なんですけど、3週間エアコンがなかったんです。昼間はあったかいから良いんですけど、日向だし、ウッドデッキもポカポカなんです。朝晩は寒すぎて子どももヨーグルトを食べてくれなかったり、ブルブル震えてたりして。エアコンさえついちゃえば快適なんですけど、木も暖かさを蓄えてくれるし。でも何もなしだと、やっぱり中津は寒いなって。

さゆり

はい。最近も寒かったですしね。

奥様

寒い。でも本当に快適だね。

旦那様

快適。あとはWi-Fiだけ。ネット工事だけ。

奥様

キッチンも前に比べては作業場が広くなったし、使いやすいですね。

さゆり

魚も焼かれました?

奥様

魚はまだ焼いてない。焼きたい。でもあそこでハンバーグとかも焼けるし、冷食とかも温められたり、食パンとかもできるみたいで。なのでオーブントースターは実家の兄にあげました。

旦那様

なくしたね。

質問

一番のお気に入りはどこですか?

奥様

和室かな?来た人にワオ!って驚いてほしいかな。

旦那様

カッコいいよね。一枚板もカッコいいし。

奥様

ここ桜の木ですけど、あっちはチェリーかな。

さゆり

かなり迫力ありますよね。

旦那様

ちょっと濃いめの色で。こっちの方がカッコよく出るんじゃない?って話を一緒によくしてて。

奥様

キッチンのカウンターはやわらかい雰囲気で好きですし、和室のカウンターは節目が少ないのを選んで。けっこう木によってはボコボコですよね。それが味があると思うんですけど、ボコボコすぎてインテリアの系統を崩したくないなと思ったので、木は使いたいけどあんまり主張が強く無い派手じゃない木にしました。

旦那様

でも色濃い方がカッコいいよねって。

さゆり

カッコイイですよね~。

奥様

和室は絶対小上がりにしたいっていうのは決めてたんですけど、カウンターは掘りごたつ式が良いなって。ずっと正座はしびれるし、子どもなんてずっと座ってられないだろうし。とにかく堀り込みのカウンターにするっていうのが大事ですよね。

さゆり

けっこう奥行がありますもんね。

奥様

そうですね。この木がすごく大きいんです。だから下に支えを作らないと、重たい物を載せたり、子どもが乗っちゃったりっていうのも考えられますし、脚に支えを作らないとって。その脚が邪魔にならないようにしたいってお願いしたら結局木自体を壁にはめ込んでもらえて実際これだけで済みました。

旦那様

中に入っていて留めてあるんで。

さゆり

すごい!なるほど~。

奥様

あとは流行りの4.5畳で9枚畳があるのが理想だったんですけど、4.5畳なのにここにカウンターが来ちゃうともうすでにそれはできないじゃなくて、オーダーの畳を3枚このサイズに合わせるって言われてたんですけど、「やだ!」って言って。どうしても互い違いがやってみたかったんですよね。正方形ではないけどちゃんと互い違いにはしてもらえたし。そこはすごい嬉しかったですね。あとここ何個本棚が入るだろうって測ったりして。窓の邪魔にならないサイズで本棚が欲しいねって。A4もさせれるんですよ。

さゆり

それが入れば大体のものは入りますよね。

奥様

キッチンダイニングは可愛い系なんだけど、小上がりの方は落ち着く和室でカッコいいなって。寝転んだ時にはこの黄緑色の照明、良く見て頂くと和紙の柄が花柄なんですけど、可愛いですし。このカウンターは勉強机っていう風なんで電気が点くように。

さゆり

なるほど~。

奥様

あと私の一番のこだわりは壁の角のアール。アパートの時、角で子どもがぶつけてアザを作ったりとかもあったので、絶対家を作るならアール!ってアールにできる箇所は全部アールにしてもらいました。
階段上がったところとか、シューズクロークの入り口とか。だけど和室の雰囲気が崩れちゃうから和室だけは角にしたり。しっかりやっていただけて嬉しいです。

さゆり

すごいですね!本当にいろいろ細かいとこまで考えられてて。

奥様

キッチンはすごく広めに設計してもらって、最初は広くない?って思ったけど、今ならいいなってすごく思う。色々棚を開けても人が通れるし。

さゆり

十分なスペースですね。

奥様

アイランドキッチンだから出入りもすっごい便利。ただ子どもが今遊び盛りなんでボタンを押しちゃうし、まな板で切っててもおもちゃをまな板の上に置いてくるし。だからベビーゲートが問題だなって思って。階段の上と下は付けたんですけど、主人の友人がここに手作りでベビーゲートを作ってはくれてたんですけど、やっぱりまだ固定もできないし、新築なので穴もあけたくなくて。熱いものがあった時も本当に危ないのでそれだけですね。アイランドキッチンはすごい便利なんですけど、今の遊びたい盛りのいたずらボーイにはちょっと危ないかなって思ってますね。

さゆり

確かにそうですよね。

奥様

でも立っていれば全部を見渡せるのはいいです。ダイニングも見える、ソファーも見える、階段から降りてきた家族も見える、入ってきた人も見える。和室で遊んでる子どもも見えるし、毎日和室でお昼寝するんです。なのでその間にここでご飯を作ってって。

さゆり

素晴らしい!

奥様

いとこたちが来た時も、ここで子ども達3人でわーっておもちゃで遊んでたんで本当にキッチンの横に作って良かったなって。よく玄関の横に和室を作って玄関からもお客様通せるし家族が行けるし、家庭訪問とかってされると思うんですけど。本当私の希望であえて真横。

さゆり

オススメですね。その方が使用頻度が上がりますよね。

奥様

本当にいい感じになったなと思いますね。本棚もそうだし。照明もそうだし。畳も小上がりも。すごい気に入ってます。

旦那様

カウンターはオススメやね。

奥様

カウンターは便利だと思う。今はまだ勉強しないけど、もし子どもが3人できたとしても小っちゃいうちは一緒に遊べるだろうし、お友達が来てもお絵かきとかできるだろうし。

さゆり

そうですね~。

奥様

書斎は作れなかったけどあそこでパソコンやってくれたら(笑)ってコンセントも作ったし。

旦那様

書斎ほしかったけどね。

奥様

欲しかった?

旦那様

だってスペースなかったもんね。

奥様

あとダイニングは絶対に70センチの高さの机にするって決めてて、ここにティッシュとかウエットティッシュとか置けるようにニッチを掘ってもらって。充電できるように、たこパとかホットプレートとかできるように、コンセントを付けてもらって。

さゆり

完璧ですね。

奥様

完璧ですね!

質問

実際に無垢の家で生活してみていかがですか?

奥様

やっぱりサラサラで肌触りが全然違いますね。

旦那様

気持ちいいよね。

奥様

2階も本当は無垢にしたかったけど予算の関係で安いフローリングにしたので。なので全然違うし。

旦那様

やっぱり木の香りがいいですね!

奥様

いいですね!肌触りも好きだし、見た目もこれカバ桜っていう種類ですけど、営業さんにカバ桜を提案してもらって本当に良かったなって思いますね。アイギさんで建てたお家に行くと、本当にみんないろんな種類の木使ってると思うんですけど、カバ桜使ってる家はまだ私は見てなくて。でもこれで良かったなって思ってます。この家の雰囲気に合ってる。柔らかい感じの色っていうか。

さゆり

すごく合っているって思います。

質問

新しいお家に住みはじめて一番変わった事は?

奥様

通勤?

旦那様

睡眠時間が増えましたね。7時20分ぐらいに出ていくから、朝が遅くなるっていうのが楽ですよね。

奥様

前は残業だと6時40分に出て行って帰ってくるの23時前みたいな。

旦那様

もう寝るの1時過ぎとかだったんで。それからまた朝早く6時ぐらいに起きて。

奥様

どんどんクマが深くなっていく。不健康な顔になっていく。

さゆり

今はゆっくり寝れるようになったんですね。

奥様

車で音楽1曲終わらないみたいですよ。いままでだったらたぶんアルバム1枚分とか。

旦那様

その分家族と過ごせる時間が増えて、本当にありがたいですね。夜勤もラクだしね。

奥様

立地条件が、駅に10分、小中学校20分一本道。子どもにとっては20分だったら全然許容範囲かなって。歩け!って感じで(笑)

質問

お友達の評判はいかがですか?

奥様

まだ親戚とかだけで、友達は呼んでいないんです。私も家をインスタグラムに載せてて。個人のアカウントと家アカウントとあるんで。家の方はもう土地の段階から着工の段階から全部インスタで「着工何日目です」「これができました」って。「今日は木を選んできました」とか「外壁はこれに決めました」とか。全部順を追って更新してて。で「家が建ちました!遊びに来てね」って書いたらみんなが「はやくいきたーい」「はやく呼んでよ」ってコメント来たりして。是非遊びに来てほしいですね。

さゆり

そうですよね。見どころたくさんですもんね。

奥様

全部説明しちゃう!

さゆり

親戚の方はいかがでしたか?

奥様

暖かいって言われる。南向きだからいいねって。本当に可愛いお家だねって言われます。扉は全部白にしたけど、一番出入りするところだけはチェッカーガラスでガラスの範囲を広くしたり、脱衣所だけは誰かが入るのがわかるようにガラスを大きくしたりとか。場所によって扉を使い分けているので。あとキッチン広いとか。ピンク可愛いとか。

旦那様

新色やね。

奥様

私がピンクにしたかったんで、ピンクにさせてもらって。元々使ってた冷蔵庫とも色が合うし。途中で新色加わって投入したんですけど。オーブンも赤だったしなじむかなって。

さゆり

可愛いですね~。合ってると思います!

質問

家づくりで一番感動した事は何ですか?

奥様

建前!

旦那様

建前!

奥様

でも銀行の決済があって午前中は行けなくて午後からしか見えなかったんで。来たら2階まで出来上がってて。わーってなったんですけど。

旦那様

僕は朝から見えました。はやいですね!あっという間ですね。

奥様

ベテランさんたちみたいで、あうんの呼吸みたいに特に指示とかもしてないのにもうどんどんはまっていく。でもクレーンさんが神!

さゆり

神?!

奥様

クレーンの人がすごかったですね。的確過ぎて、神ってた。

旦那様

暴風だったしね、あの日。

奥様

朝から雨が降ったりして、雨が降ってたのに午後からかんかん照りになって。

旦那様

風がすごかったんですよ!パラソルもたたんじゃったぐらい。大変そうでした。

奥様

その中でもどんどんどんどん木が見るたびにはまって行って。わーって思った。あんな高いところに人がいっぱい乗ってるって。家って形は1日で出来ちゃうんだ!って。

さゆり

そうですよね~。

奥様

家づくりってなんか期間が長い印象ですけど。あっ!もう形できちゃった!あとは貼っていくだけなんだなって。技術と速さに驚いたかな。子どもも見てましたね、クレーン。おっきいブーブーだよって。

旦那様

でもやっぱり完成してからかな。クロスが貼られて。

奥様

見るたび見るたびに内装が家の形になってるとか、壁が出来てるとかはあったんですけど、クロスが貼られて照明ができてはじめて「あー家だ!」みたいな。電気ついた!っていう風に思いましたね。照明も含めてなんか完成だって。

旦那様

もう住めるんだなって感じになりましたね。

さゆり

感動ですね。

質問

アイギハウジングを選んで良かった点を教えてください。

奥様

打合せの時に相談にのってくれたことが一番。もし自己資金を用意しなきゃいけないハウスメーカーだったら建てられなかったので。そこは相談にのって頂いて協力してもらえたからこそ建てられたので。そこは本当に地域密着の強みだと思います。ありがたかったですね。

旦那様

あと要望通りにしてくれたこと。

奥様

できない事もあるかもしれないけど、言ったことはなるべく叶えてもらえたので。これもできないだろうなって思わずに言っちゃうのもありだなと思いますね。やりたい事はとりあえず全部言う。

さゆり

そうですね!全部言うって大事ですね。

質問

これからご家族でやりたい夢や希望はありますか?

奥様

ウッドデッキを作ったのでバーベキューがしたい。いつも友人たちと川とかバーベキュー場とか行ってやってたんで、お庭でできるって良いですよね。クーラーボックスを積んで遠いとこに行かなくてもいいしトイレとか困らないし。これだけ広ければバーベキューできるかなって。

旦那様

十分。

奥様

子どもにとってもいいですよね、庭のあるお家って。敷地外に勝手に出ていっちゃったら困りますけど庭だったらいくらでも。

さゆり

のびのび遊べますね!

質問

理想通りのお家が建てられましたか?

奥様

家自体は100%かな。

旦那様

100%に近いけど。

奥様

小さいことですね。例えばこの窓は開け閉めしないからFIXでも良かったなとか、北側だから朝でも電気を点けなきゃいけない時があったりして、もう少し窓を大きくすればとか。コンセントの位置だったりとか。

さゆり

暮らしはじめて見ると色々とわかりますよね。

奥様

あとは竣工検査で工務店の人たちに見てもらえるんですけど、その前に自分たちも見た方がいいと思います。「ちっちゃなキズかある」とか。「あれ?なんだこれは?」ってなった時に言えば直してもらえると思うので。
見落としがあって、私が見つけて、写真を送って直してもらって。まだ直ってないところもあるんですけど。100%修繕されていないとやっぱり満足はできないですよね。工事中だったら直してもらえるし。
住んでからの傷はしょうがないんですよね、子どもが小さいですし。でも建築中の傷は直してほしいかな。壁紙が剥がれてたりとか、建具に傷ついてたりとか。コーキング割れてるし。家はすごい満足です。細かな事がちょっと。でも傷は引渡しまでに直してほしかったかな。直ればいいです。

旦那様

あとは庭をやりたかったね。

奥様

庭をやりたかったね。土地が108坪なんですよ。でも家は33坪なんです。家3割で庭が7割なんです。主人の希望で絶対カーポートは作りたいってことでコンクリは打ちましたけど、7割砂なんですね。裏すでに草はえてますし。

さゆり

何か構想とかはありますか?

奥様

もうちょっとコンクリ広げたかったなとも思うし、庭が広いんだから何かしたらって言われるんですよ。例えば植樹したりとか、家庭菜園したりとか。子どもの砂場とか花壇とか。選択肢はいくらでもあると思うんですけど広すぎて範囲が。何をやるにもお金がかかっちゃうので。今は本当に駐車場2台だけっていう風で。生えて困るのは植えたくないケド芝桜植えとけば勝手に広がるかなとか。

旦那様

誰が植えるの?

奥様

誰が植える?

質問

これから建てる人に家を建てた先輩としてアドバイスをお願いします。

奥様

今だけの目線で考えずにずっとの目線で考える事。子どもの月齢に合わせて考える事。リスクマネージメントしてここに危険はないかどうか。これを触られないか。

さゆり

それが素晴らしいですよね!

奥様

難しいかもしれないですけど、今の子どもさんの年齢に合わせる。小学生から建てる家なのか中学生から建てる家なのか。それとも赤ちゃんからだったら本当にオシャレはステキですけど、安全には代えられません。家なので過ごす時間が長い。お友達の家に遊びに行って数時間いるのとは違うので、ずっとそこに住むって考えると利便性はもちろんなんだけど安全性が一番。

さゆり

勉強になります。

奥様

目線が届くように。必ず。どこにいても。もちろん見た目も大事。でも子どもの月齢に合わせて考えていかないと。今はこういう風やけど歩けるようになったら絶対ここを触るな、ここをのぼるなっていう予測ですね。子どもが大きかったらあんなベビーゲートが付けられる階段の形にはしなかったと思うし。今の子どもの事を考えるとやっぱり。今の間取りが一番かなと思います。

さゆり

まさにそうですね。

奥様

老後になってもし2階に登るのがしんどくなったらここで寝ればいいし。子どもが生まれてミルクとか作らなきゃいけなかったらここで赤ちゃんと寝てここで毎回ミルク作れるし。今だけの目線で考えずに本当に長い目で考えて間取りを組んでほしいかなって思いますね。ここにこれがあればよかったって後から変えられないので。とにかく想像する事かな。

さゆり

すごい!素晴らしい!

奥様

間取りは大事だと思います!間取りこだわらなかったら全然建売でいいと思うんですよ、オシャレだし。なので間取りをしっかり考えてほしいし、絶対アイギさんだったら叶えてくれるんじゃないかなと思いますね。可能な事は叶えてもらえるし、できない事はできないでたぶん言ってくれるんじゃないかな。

さゆり

そうですね!

質問

家づくりに携わった方へメッセージがありましたらお願いします。

旦那様

でも感謝しかないよね。

奥様

感謝ですね。協力してもらえなかったら家も建てれなかったし間取りの要望も叶えてもらえなかっただろうし。言ったことをみんなそれならこうしようこうしようっていう提案力も豊富でしたし。感謝ですね。最初からシャットアウトするところもあると思うんですよ。「それはできません」とか。
やれるようにやってみようかって姿勢が見えたのが嬉しかったですね。最初から断られずに「できるかわからんけどちょっと確認してみます」とか。やれる方向で考えてくれたことが嬉しかったですね。けっこうわがままが多かったように思うので。

旦那様

相当わがまま言ったよね。

奥様

相当言ったと思う。若いのにこだわりはっきりしてますね~みたいな感じで言われたので。

さゆり

でも方向が決まってて、奥様の考え方やこだわりについて考えられてる深さがすごいって思いました。

旦那様

新人君も大変だったと思うよ。

奥様

大変だったと思います。1年目なのに。担当したのが初めてなのに相当振り回したと思います。

さゆり

お客様に勉強させてもらいながら一緒にできたっていうのは初めての担当なのにすごい経験なんじゃないでしょうか。

奥様

「振り回して申し訳ないですけどやってください」って言ったら「逆にそうやって言ってもらった方が動きやすいし、やりやすいです」とか「すごい勉強になります」とか。苦情じゃないですけど私がガーって言った時も「逆に言ってもらったことで自分の間違いとか段取りの悪さに気づけたので言ってもらってよかったです」っておっしゃってくださったので。言い方きつくてちょっと申し訳なかったですけど。でも100%新人さんが悪いわけじゃないんですけど、担当なので、新人さんから言ってもらうっていう風で。私たちからしたら担当さん。任せていますので。本当に動いてもらって感謝しています。

旦那様

親身になってくれたな。

奥様

すごい親身でした。わからないながらも寄り添ってくれてるのがわかりましたし。ありがたかったですね。やる気がすごいので。やる気と向上心のかたまりみたいな。「お互い満足のいく家にしましょう」っていう風に最「後までお願いします」って何回も言われたので。それはありがたかったですし、次からはみなさん安心して任せられると思いますね。私たちがなんだろう?踏み台じゃないですけど。

旦那様

1軒目やしね。

奥様

1軒目なんで問題があるのはしょうがないので。それでどんどんどんどん「前のお宅はこういう風でしたよ」とか言ってもらえたらいいですね。

旦那様

うちを参考にしてくれたらね。

奥様

うん。なのでベテランさんにも新人さんにも現場監督さんにも感謝してますね。ありがたかったです。けっこう面倒くさいお客だったと思いますけど。多分アイギさんからしたら斜め上の発想だったりしてビックリされたこともありますし。でも一緒に考えてくれたことが嬉しかったですね。こっちの方がいいんじゃない?って提案もいっぱい。ありがとうございます。

さゆり

よかったです!

窓の大きさ、照明、建具、すべてに細かくこだわりぬいた注文住宅。
新人さんも初仕事で、すごく想い出に残る家づくりができたのではないでしょうか。
過ごしやすく、暮らしやすくなったお家でこれから何年も続く時間を想像するとワクワクしますね。沢山のお話を聞かせていただきありがとうございました!

陽当たりの良い家
陽当たりの良い家
フレンチ風な窯変瓦と白の外観
フレンチ風な窯変瓦と白の外観
ベビーゲートが付けられる形の階段
ベビーゲートが付けられる形の階段
キッチン横の小上がり和室
キッチン横の小上がり和室
こだわりが詰まっています
こだわりが詰まっています
秘密基地にもなる地窓スペース
秘密基地にもなる地窓スペース
アイランドキッチン
アイランドキッチン
新色ピンクが可愛いキッチン
新色ピンクが可愛いキッチン
子ども室
子ども室
いたるところに考えた収納
いたるところに考えた収納
クローゼットに繋がる寝室
クローゼットに繋がる寝室
1段だけ階段を付けたウッドデッキ
1段だけ階段を付けたウッドデッキ
あえて扉を付けないシューズクローク
あえて扉を付けないシューズクローク
階段のあるリビング
階段のあるリビング
梁現しの天井
梁現しの天井
クロークにもなる家事室
クロークにもなる家事室
A4が収まる棚とカウンター付の小上がり和室
A4が収まる棚とカウンター付の小上がり和室
施主様支給のペンダントライト
施主様支給のペンダントライト
花柄の和室照明
花柄の和室照明

さゆりライン
2018のさゆりレポート
2017のさゆりレポート
2016のさゆりレポート
2015のさゆりレポート
2014のさゆりレポート
2013のさゆりレポート
2012のさゆりレポート
2011のさゆりレポート
2010のさゆりレポート
2009のさゆりレポート
2008のさゆりレポート
2007のさゆりレポート
2006のさゆりレポート
すべてのさゆりレポート
さゆりライン
レポーターさゆりお宅訪問インタビュー 資料請求・お問い合わせ 天然素材の家実績ギャラリー 開催予定のイベント情報 リフォーム情報

家をつくる レポーターさゆりお宅訪問インタビュー 定期点検サービスのご案内 安心の保証・アフターサービス 住まいづくりの流れ 住宅ローンについて よくある質問 リフォームする アイギハウジングのリフォーム 不動産を探す 不動産探しま専科サイトへ ホームメイトで中古住宅・アパートを探す アイギハウジングについて 会社情報 スタッフ紹介 イベント情報 営業ブログ 現場ブログ
資料請求・お問い合わせ