お客様が幸せになる家づくり

2017年8月23日

DSCN2801只今発電中

2017年8月10日

耐震改修リフォーム工事

基礎工事は、設計に基づいて新しく配置する耐力壁の直下に布基礎を配置し

上部から伝わる水平荷重をしっかりと受け持つ様、要所に布基礎を新設しました。

地面からの湿気対策として、防湿コンクリートも施工しています。

P1090367

外周には耐力面材を計画しています。耐震性の計画上、

壁量を増やす役割と気密性の向上に優れています。

P1090656
水平構面の耐力アップに火打梁を要所に施工しています。

下の画像中、左上方の金属の部分です。

P1090561

今回使用したのは、構成タイプの火打梁です。

1499059297175

現在、断熱材を充填し造作工事と外装こうじが着々と

進んでいます。

P1090712

生活スタイルの変化に合わせレイアウトの変更をし、

耐震改修を行い安全性を高めて、断熱性能も向上させる事で居住性

が良く、外部からの熱負荷の低減を計り消費エネルギーの削減にもつながり

経済的にも環境的にも優しい住宅になります。

このような工事の案件がございましたら、是非ともリフォームしま専科

アイギハウジングにご用命をお願いします。

暑い日が続きますので、体調には十分に気をつけてください。

アイギハウジング

加藤

 

 

2017年8月3日

工務の長谷川です。

IMG_71872

ある現場の瓦屋根の納めを撮った写真です。

既設建物(写真下側)があるため、軒の出が違う屋根の納めとなりました。

特にこのような場合はあらかじめ軒の出の長さを計算しておくと、

写真のように赤いラインのコーナーを棟瓦の頂点部分にすることができます。

これが”瓦割り”という作業です。

品質の面で考えるだけでしたら、この種類の瓦でしたら不要なのかもしれません。

おそらく気づく人もいないのかもしれません。

 

それでもやっぱり、キレイに納まっている瓦を見ると気持ちがいいです。

自己満足なのかもしれませんがこういった所にもこだわって、家づくりをしています。

2017年7月28日

こんにちは! 設計積算の原です♪

もう7月も終盤ということで、夏らしい暑い日が続いていますね。

さて現在、中津川市昭和町の新しい分譲地に建築するZEHモデルハウスを計画しております(^^)v

 

ZEH(ゼッチ)住宅とは、、、

①優れた断熱材と効率の良い設備で、季節を通して快適な住環境と消費エネルギー削減を実現した住宅!

②太陽光発電等によりエネルギーを創り、年間消費エネルギーが概ねゼロ以下となる住宅!

 

こんな暑い夏の日こそ、涼しく快適な住宅で暮らしたいものですね。

昭和町ZEHモデルハウスはこれらを満たしつつ、お客様の家づくりの参考にしてもらえるような内容になっております!

まだ打ち合わせ段階ですが、少しでも良いモデルハウスができるように皆で一丸となって頑張っています!

見どころ盛り沢山となっていますので、楽しみにしていてくださいね♪♪

12

2017年7月15日

こんにちは! 設計積算の今井です。

先日、倉庫の棚おろしを行いました。

IMG_6826 IMG_6831

倉庫には様々な用途の材料があります。

木の種類もたくさんありますので、ぜひ見に来て下さい。

2017年7月6日

はじめまして、新人工務の堀です。今僕は木拾いに挑戦しています!

木拾いとは、家を建てるにあたって必要な木材の数を計算することです。その中の根太(住宅の床の骨組み)をやっています。

根太は長さ4mで、303mmの間隔に並べるものです。この長さと間隔から考えて根太が何本いるかを数えるのですが・・・ 難しいです(^^;

先輩が出した数と比べたら数が全然あいませんでした。

僕がやっていることは、住宅造りのほんの一部でまだまだ覚えることがたくさんあります。なので少しずつでも覚えていって自分の知識を高めたいです!

 

IMG_6879

2017年6月27日

本日 梅雨本番、 梅雨に入って初めの内は晴日がつずき

空梅雨かなと思いきや、中番になると雨が近くなってきました。

今月建前が何軒かありますが  高所作業の為 天気の見極め 、建前の順延の

判断が必要になります。

梅雨時期は工程が著しく  くるう時期で

特に雨に影響される 外仕事の工程がくるいます。その為

工程表を常に目を通して、遅れの修正が大変です。

梅雨時期の工程は少し余裕を持って

作った方が無理がないかと思います。

とにかく 安全第一で  行きましょう

by65

2017年6月12日

この度、中津川市内にて補助金有りの耐震補強、リホーム工事を着工しました。

昭和45年完成の建物で現況建物を精密診断をし、その後建物の補強計画をし

総合評価を1,0以上~1,5未満(一応倒壊しない)まですると補助金対象にする事が出来ます。

但し、解体前に診断するので土台、柱、梁をスケルトンにするとある所に柱が無かったり、腐ってた

り、基礎がブロックで出来たりしていますので新たに補強計画を立て直し、変更届けを出しなお

します。

後日補強状況を報告して行きたいと思います。

20170523_080842

20170523_080941

アイギハウジング  原ヨリ

 

 

2017年5月9日

こんにちは
設計の中垣です。

先日、昨年秋頃に担当させていただいた新築工事の
社内チェックを兼ねて見学に行ってきました。

お客様から具体的なご要望をいただいて、監督さん
と打合せしながら図面を作成していたので、とても
勉強になったことを思い出して感慨深く感じながら
見させていただきました。

image2

レッドシダー仕様の玄関下駄箱とエコカラットの組み合わせ

 

image1

横にはスリッパたてを埋め込み

 

お客様にもご満足いただけると嬉しく思います。

後日「家づくり実績」で写真をアップしますので
その他の写真もご覧になってください!

2017年4月24日

皆さんこんにちは

先日、開催しました第8回 アイギハウジング住宅祭に多くのお客様にご来場いただきまして誠にありがとうございました。

ご来場された皆さんどうでしたか?

二日間で約千人を超える盛況でした。体験ブースでは用意していた品数が不足した為、全てのお客様に利用していただくことができなかったケースもあり、悲しい思いをさせたこと申し訳ありませんでした。

今回の良・悪の意見を踏まえて次回、第9回住宅祭に望み?たいと思います。

第9回 開催する予定です?

開催します!