お客様が幸せになる家づくり

2018年9月15日

設計積算の原です^^

先日、岐阜県産の杉材を構造材に使った家づくりの構造設計研修会に参加させて頂きました‼

岐阜県産の杉は、均等な美しい木目に定評があるそうで、柱・梁桁等の構造材や内装材等に幅広く使用されています。

通常アイギハウジングの家づくりは、梁桁には強度に優れた米松という木材を使用していますが、県産材に関する支援事業に申込む場合は杉を使用しています。

研修会では杉材の曲げ強度試験の結果に基づき材料強度を学び、横架材断面寸法の選定をしました。

横架材の強度が不足すると長い年月が経ってからトラブルが起こる可能性があるため、しっかりとした構造計算の必要性を改めて感じました。

 

アイギハウジングはお客様の想いが詰まった大切な家が丈夫で安全な家であるように、1棟1棟、そして梁1本ごとに構造計算をしてからプレカットを依頼し、現場に送り出しています。

自社で全棟計算しながら、現場が困らないように細かくチェックしていくのは毎回大変な作業なのですが、お客様にご満足して住んで頂けている事を耳にするととても嬉しく思います♪

地産地消の家づくりはぜひ当社へ(^^)/