お客様が幸せになる家づくり

2018年1月13日

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

今日は良く晴れて、風もなく良い天気で穏やかな

陽気の中、近くで開催された初売りにでかけていきました。



売り手と買い手の言葉が行き交い

賑やかな中、競ったりさしたりで活気があり

構造材、造作材、板材がよく売れていました。

そんな状況をみていると今年は業界にとって

「良い情勢になるんじゃないかな!?」

なんてことを感じさせてくれるような雰囲気が

しました。

下は仕入れできた材料の一部です。





良質で価値がありお客さまに満足

していただけるよう、

今年も取り組んでまいりますので

どうぞ宜しくお願いします。

PS.

但し、ものすごく寒かったです。(>_<)

みなさまも風邪なんかには十分に気をつけてください。

工務部 加藤でした。

 

2017年12月29日

恒例の大掃除を28日に倉庫と車両の清掃をして、本日社屋の大掃除を終え、

無事に仕事を納めることができました。

今年も当社のお客様、ホームページ、ブログをご覧にいただいております方々

大変お世話になりました。

お陰さまで、今年一年間忙しく過ごさせて頂きました事に

あらためて感謝申し上げます。

来年も様々なニーズに対応ができるよう取り組んでまいりたいと思いますので

どうぞ、宜しくお願い致します。

みなさま、良いお年をおむかえくださいませ。

工務部一同

 

 

 

2017年12月26日

こんにちは。

工務の長谷川です。

無垢の使い方はいろいろありますが、やはり存在感のあるのは無垢の一枚板です。

同じお家でも、一部に無垢の板があると雰囲気がガラリと変わって見えます。

 

そんな一枚板を当社ではたくさん取り揃えています。



お家にイメージ合う一枚板を当社の保管倉庫でお客様と一緒に探して加工させて頂きます。

私はこれもアイギハウジングの家づくりのイベントの一つだと思っています。



選んだ原木からは想像できないような、美しい仕上がりに感動して頂けると思います。









一枚板の使い方もいろいろあります。

ニッチの窓の下枠、マルチカウンター、手洗いの天端板、玄関の式台、、、、

 

一枚板を取り入れた家づくりをしてみませんか。

2017年12月14日

こんにちは♪

設計・積算の原です。

 

先日省エネ講習会に参加し、住宅の省エネ性能向上の必要性についての講演を聴きました!

住宅の省エネルギー基準は、

①温熱性能(断熱・日射遮蔽)の基準

②エネルギー消費量(居住時の使用エネルギー量)の基準

2つがあり両方の目標達成をしてこそ、光熱費を抑えつつ快適に過ごせる住宅となります。

これらが義務化となる2020年を見据え、アイギハウジングでは2020年基準の住宅を標準仕様とし、高気密高断熱の住宅をお客様にご提供しています★☆

 

今のような寒い時期、断熱性能の高い家というのは、単に室温と外気温の温度差を保ち「暖かい」というだけではないのです。

部屋の壁・床等の表面温度が上がる為、人の体感温度が上がり室温以上により暖かい部屋に感じるのです!(^^)/

さらに、暖房機器の効率向上や表面結露の危険性の回避等まさに良いことづくしで、家族みんなが安心して健康に暮らせる住宅となります!(^^)/

 

省エネ性能を向上することで、様々な補助を受けられる場合があります♪

どうぞお気軽にご相談くださいね(^^

2017年12月5日

こんにちは! 設計積算の今井です。

この現場は壁と天井がクロス仕上げですので、クロスを張るボードのパテ処理を行っています。

下地パテはボードを打ち込んだビス頭やボードの継ぎ目などの

不陸の原因になる箇所はにパテ材を埋めて平らに修正していきます。



パテ処理を行わないと、凹みやひび割れの原因になったりします。

そのため、下地処理はとても大切な工程です。

 

 

2017年11月22日

この現場は、外壁、トタン屋根、樋、戸袋などを塗装する工事です。

現在、外壁を塗装するために既設の外壁を洗浄し、窓周りのコーキングを打ち増しする作業を行っています。窓周りのコーキングがボロボロだとコーキングの隙間から雨水が入り下地が腐食してしまう原因になってしまうのでコーキングを打ち増ししました。



 

皆さんの住宅のコーキングは大丈夫ですか?コーキングに亀裂が入っていると危ない状態です!この機会に注意してみてください。 何かお困りのことがあればアイギハウジングまで!

 

工務 堀

 

 

2017年11月20日

いよいよ冬到来 雪が降るのも時間の問題

この辺では 〇〇山 山頂に3回雪が降ると麓まで雪が降って来るといわれています。

雪が降ると 雨と違って、後迄残り 転倒・スリップ事故の原因になります。

また 雪が降ると まず 雪かきから始まり

外仕事の人達は、雪かきはもちろんの事

夕方は日暮れが早く もちろん寒い

冬は 一番苦手な季節ではないでしようか?

by65.6

 

 

 

2017年11月9日

現在、 土岐市内で耐震改修工事をしています。

既存の建物の現況状況を床下、壁仕様、天井裏等事細かく調査をし、建物の評点を出し

ちなみに(0,7未満→倒壊する可能性が高い。1,0以上→一応倒壊しない。1,5以上→倒壊しない)

現況の建物の評点が0,25→1,0以上に成る様に壁補強、基礎補強、柱頭金物、柱脚金物等を場所毎に検討して

補強していきます。

  

現況写真、補強写真、完成写真を何枚も場所毎に取り製本をし、提出をします。

現況の建物(昭和56年5月31日以前)がどの程度の評点か検討してみえるなら、各市に無料の耐震診断を受けてみたらどうですか。

 

2017年9月25日

こんにちは
設計の中垣です。

中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2017行ってきました!
楽しかった~
そして、改めて自然エネルギーについて考えさせられる
2日間でした。

IMG_1954

2011.3.11の東日本大震災を期に開催されてきたイベント。

数年前までは、太陽光発電の可能性をあまり感じていません
でしたが、その電力によってこうしたイベントを実現させて
示していることは素晴らしいことだなと思います。

 

IMG_1957

↑こういう仕組みになっています(会場配布資料)

 
家づくりにも関係することなので、もっと知識を身につけて
いかなければと改めて感じました。

2017年9月6日

無題

アイギハウジング 元起分譲地に新しく家ができます。

基礎工事が終了し建前するところまできました。

敷地に建物の大きさ、位置を示す縄張り(地縄)をしてもイマイチ家の大きさのイメージが湧かず、基礎ができると少しは面積のイメージがつく。建前をして家の骨組みができると想像してたより大きい!と驚く。これも家を建てる人にとっての楽しみの一つだと思います。

現場も順番に工事が進んでいきます。ぜひ現場に足を運んで下さい。