お客様が幸せになる家づくり

2018年11月20日

紅葉も始まり、朝夕が寒くなってきました。



この前、一枚板を加工してもらいに、加工工場へ行くと

丸い板がたくさん積まれていました。



 

何だと思いますか?

 



 

剥ぎ板のようになっていますが、くっつけ方は竹ひごのみ

 

これは正月とかにTVよく見かける、酒樽を木槌でパッカーンと蓋を割るやつの”蓋”です。

 

この時期になると大量の受注が入るそうです。

 

剥ぎ板と言って木の板と板をくっ付けてる工法ですが、

酒樽の場合は割れるように、竹ひごのみですが、

普段は接着材等を使って圧着し繋ぎ合わせます。

剥ぎ板でこんなテーブルも作ったりもしています。



 

カリンと松の一枚板を合わせて作った座卓です。

一枚板もいいですが、剥ぎ板のいい味が出てると思います。

 

アイギハウジングでおうちを建てられる方はぜひ相談してください。

木材選びから立ち会えるので、きっと愛着のある一品ができると思います。

2018年11月19日

こんにちは!
設計・積算の中垣です。

先月お引渡しを終えた新築工事ですが、
天井高が低いお家のご紹介をします。

下の写真は、玄関からLDKまでの天井高が
2200mmで、サッシや室内建具も同じ
高さで納めています。
廻り縁(天井と壁の接する部分に取付ける部材)
もスッキリとした納まりになっています。

LDKでは窓から光が室内全体に差し込んで
素敵な空間に仕上がっていました。
高さもそれほど低く感じませんでした。







天井だけでも、高さの違いや梁を見せた天井、
フラットに納めたり、勾配をつけたり、仕上げの
違いでも印象が変わります。
みなさんはどのような仕上がりがお好みですか?

12月初めに、現在建設中のお家の見学会を
開催する予定です。

また、販売中の分譲住宅も見学できますので、
ご興味がありましたらお問い合わせください。
※分譲住宅は、家づくり実績で紹介している
「ワンズキューボの家」、「白の家」、「黒の家」
になりますので併せてご覧ください。

2018年10月30日

皆さんこんにちは

最近は朝、晩とメッキリ冷え込むようになってきました。

夏からの異常気象?暑さが過ぎたと思ったら今度は雨 雨 雨 そして台風、また雨 雨、台風

外仕事は予定が立てれずお手上げ状態。

そんななか、台風による被害連絡が後を絶ちません。

瓦の破損、アルミ関係(カーポート、テラス、フェンス、物置)他にも数多く。

材料は揃っても職人がいない、職人は居るけど材料が納品されない。
皆様には大変ご迷惑をお掛けしてます。
少しでも早く作業をと思ってますが何卒ご理解をお願いします。

工務 A

2018年10月20日

 車庫はどうですか

 

2018年10月4日

こんにちは。

工務の長谷川です。

今回はまもなく完成の恵那の焼き肉屋さん”大廣園”さんを紹介させて頂きます。

7月10日に上棟を迎え、以前の建物より一回り大きくなり、雰囲気も違った建物に隣接道路を通行する車はスピードを緩めて見ていく姿をよく見かけました。

こだわりの詰まった建物ということで、納まりなどで多々苦労する点がありましたが、現場監督として、納め考えるのは燃える部分でもあります。

オーナーさんとも何度も打ち合わせを重ね、出来てきた新店舗は、とても素晴らしい建物になりました。

今月、10月23日がオープンになりますので、ぜひ美味しいお肉と、見所いっぱいの新店舗をお楽しみください。

2018年10月3日

朝夕はめっきり冷え込むようになりました。お体の調子はいかがですか。

先日、S様邸の修繕工事が完成しました。



ビフォー→            工事中→               アフター



ビフォー→           アフター

以前、店舗と使用していた建物です。

バルコニー防水を金属ルーフから木下地を

造り替えてFRP防水にて新規に施工。

今にも雨漏りがしそうな状態でしたが綺麗に

復活しました。☆

サッシも現行品に取り替え断熱性と水密性を向上、

1階のサッシは枠へのかかりが少なくなってしまっていて

外れて倒れそうな危険な状態でしたが、その心配も改善しました。

板金屋さんに外装をきれい施工してもらい

ファサードもすごく良くなり、お客様も大変満足して

みえました。

8月末から着工で工事中は雨、雨、雨、台風、雨、雨、台風

工事関係者の皆様ご苦労様でした。

そしてありがとうございました。

雨漏りすることなく完成できました。

 

工務部加藤

 

2018年9月15日

設計積算の原です^^

先日、岐阜県産の杉材を構造材に使った家づくりの構造設計研修会に参加させて頂きました‼

岐阜県産の杉は、均等な美しい木目に定評があるそうで、柱・梁桁等の構造材や内装材等に幅広く使用されています。

通常アイギハウジングの家づくりは、梁桁には強度に優れた米松という木材を使用していますが、県産材に関する支援事業に申込む場合は杉を使用しています。

研修会では杉材の曲げ強度試験の結果に基づき材料強度を学び、横架材断面寸法の選定をしました。

横架材の強度が不足すると長い年月が経ってからトラブルが起こる可能性があるため、しっかりとした構造計算の必要性を改めて感じました。

 

アイギハウジングはお客様の想いが詰まった大切な家が丈夫で安全な家であるように、1棟1棟、そして梁1本ごとに構造計算をしてからプレカットを依頼し、現場に送り出しています。

自社で全棟計算しながら、現場が困らないように細かくチェックしていくのは毎回大変な作業なのですが、お客様にご満足して住んで頂けている事を耳にするととても嬉しく思います♪

地産地消の家づくりはぜひ当社へ(^^)/

2018年9月6日

先日、会社にトリムさんの整水器を設置しました!

整水器は、水道水に含まれる塩素などの不純物を浄水フィルターに通して除去し、その水をさらに電気分解し、

アルカリ性で水素を豊富に含んだ水を生成する器械のことです。

  

電解水素水整水器は、胃腸症状の改善に効能効果が認められた医療機器です。

この整水器でつくる電解水素水はアルカリ性の水で、これを飲むことで胃もたれや胃の不快感をやわらげ、

胃腸の働きを助けお通じを良くしてくれるみたいです。

 

実際にのんでみると、口当たりがよくまろやかでおいしいです!!

興味のある方はぜひ!

 

2018年8月29日

工務の長谷川です。

アイギハウジングでは、無垢素材を積極的に取り入れた家づくりをしています。



そこで、良い無垢材をお客様に提供出来るように当社では、たくさんの無垢材を工場サイズの倉庫にストックいます。

現場担当はその建物に合ったものをひとつひとつ選定しながら、納めさせて頂いてます。

 

 

しかし、

 

はっきり言ってしまうと現場担当はめちゃくちゃ大変です。木材の選定も大変ですが、積み込み、現場納品は全て現場担当の仕事で、かなりの重労働作業です。

全員フォークリフトの免許を取得して、木材屋さん並みの仕事をしています。



それでも木が大好きな人たちが集まってるので、楽しく仕事をさせてもらってます。

 

アイギハウジングの無垢の家の裏側でした。





 

2018年8月23日

こんにちわ 工務の堀です。

今行っている現場で少し変わった地盤改良をしました。 みなさんは地盤改良というと柱状改良や鋼管杭などの大掛かりな工事を思い浮かばれるかと思います。 今回行われた工法はGRRシート工法という工法で、シートが土のせん断抵抗を高めるため不動沈下を防いでくれて、土に加わる力をシートが分散することで均質な地盤を形成することができるなどの効果があります。 作業方法はGRRシートという特殊なシートを縦横に敷くというもので、作業中の騒音が無く、重機が入れないような狭い現場でも作業ができます。また杭工法などの地盤改良は解体時埋まっている杭を取り除く必要があります。これには多額の費用が掛かりますがGRRシートは撤去費も安価です。GRRシート工法にはたくさんのメリットがあるのでこれから地盤改良をする機会がある方は是非参考にしてみてください。ジオクロス工法

※GRRシート工法が採用できない場合もございます。